読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天才を怖がりたくない・落合陽一さん、かっぴーさんの対談を読んで

cakes.mu

天才の人ってあんまり見たくない。

なぜなら、私は天才じゃないから。

圧倒されて、私なんで生きてるの、と思うのも辛い。

自意識過剰と言われても、辛いものは辛い。

 

でも、そんなこと言ってたらきっと、

さらに私は天才から離れてしまう。

 

ということで、落合陽一さんを調べてみた。
Fresh Facesというインタビュー番組を初めて知った。


【Fresh Faces #21】落合陽一(メディアアーティスト)

 

ちなみに、冒頭の対談相手のかっぴーさんもとても尊敬している人。

 

冒頭のインタビューで、落合陽一さんは119時間、
メディアアートに費やしているという。

 

天才と自分がスタートから違うというのは否定できないけど、
スタートしたあとの違いも把握しておきたい。

一人称が「わて」の友人の話

あなたの一人称はなんですか?

私は「わたし」。

家族の前では「自分の名前」。

私の友人には一人称が「わて」の人がいる。あと「ワシ」も使う。

女の子である。

方言というわけではない。

見た目はかわいく、声も高いので、

とても似合わない。

いつからそうなってしまったのか。

私は小学校の頃は「あたし」だった。

中高の頃は「ウチ」とも言っていた。

しかし、「わて」「ワシ」と言うことはなかった。

今後もないだろうし、別に言いたくもない。

なんであの子って変なんだろう、

とふいに思い出して笑ってしまう。

私は思い出し笑いが多いのだけど、

こういう話って話せないので

(オチが保証できるほど他人にとって面白い話じゃないよなと思ってしまって話せない)

今後はこういう話も書いていきます。

毎日違う服装の組み合わせをしたら、新しいコーデが見つかった

アートディレクターの森本千絵さんが言っていた言葉。

「1日として同じ組み合わせで服を着ない」

「そのおかげで色の組み合わせ選択が早くなった」

毎日違う服を着る、というのは難しいので、靴下とかだけでも、違う組み合わせにしてみる、という試みをやってみたことがあった。

私は、服の着回しが苦手だ。

オーバーサイズのトップスにはぴっちりめのボトムスを合わせたい、

結局可愛いのはAラインだろ、

とある種投げやりに考えていて、

あまり得意ではないし、

前やった時もすぐに挫折した。

でも、この間それを思い出し、

いつもしないコーディネートをしたら、自分も気に入ったし、かわいい、と言われた。

その試みのことを思い出さなければ、

やらなかった組み合わせだと思う。

このトップスにはこのボトムス、

その組み合わせを誰が否定するだろうか。

なんでも試してみること、

枠を大きくしようと考えること、

それを怠れば、

どんどん枠は狭くなってしまうのだなと思う。

「写ルンです」の写真があること

写ルンです」の写真が味わい深い。

 

今の子は、くっきりはっきり明るく写った写真しかないのかと思うと
可哀相だなと思ってしまうくらいに、露出オーバーだったり、
中途半端な表情をしていたりと、味わい深い。


写ルンです30周年だそうで、サイトにはいろんな人が撮った、
ギャラリーもあるので、ぜひ一度見てみてほしい。

(と言いつつ、私は素人の撮った写真が好きなので、
サイトのは上手すぎるような気もする)
fujifilm.jp

 

写ルンです」が買えるところ

s.kakaku.com

 

現像できるところ

ネガフィルム現像・プリント|デジカメプリント、写真現像はカメラのキタムラへ

 

現像して、すべてプリントすると、2000円くらいかかるみたいです。

www.xn--vekt89lkfc91jrn2d.net

 

この記事の通り、CDにデータ化するのが良さそうですね。

 

これなら、現像代600円、データ化500円で済むのかな?

 

データ化について

フジカラーCD|デジカメプリント、写真現像はカメラのキタムラへ

 

------

 

親友の結婚式のムービーを作らせてもらっていて、
その時に写真を送ってもらったのだけど、

インスタントカメラの写真が味がありすぎてヤバいことに気づいた。

 

ちゃんというと、インスタントカメラの写真をスキャンしたものが私は好き。

今、逆に流行っているみたいだけど、納得だな~。

アスリートのように毎日構図を切れ

前に行った映像スクールで教わったこと、その2。

ツイッターでもこんな意見を見た。

「死にたくなったらまず寝ろという恩師の台詞も正解だったけど、死にそうなほど退屈したら、カメラを持って街を歩け、と教えてくれた先輩の台詞も忘れられない。外の世界に対する感度を意識的にでもいいから自力で引き上げて感性を守った方がいいと教えてくれた。この感性の自衛の考え方がすごく好きだ。」

https://twitter.com/no_001_bxtxh/status/838667598753476608

感性って、あってないものだと思っていたけれど、バシバシ撮っていると

「私はここに魅力を感じるのだなぁ」と自分の好みが発見できる。

あと、純粋に「これなんだろ?」というものもめちゃくちゃ発見できるから、毎日退屈な人にも本当にオススメ。

カメラは携帯で全然十分だけど、単焦点楽しいです。

構図にこだわる順番は、映像>写真>絵

映像ディレクターよりカメラマンの方が構図にこだわる

カメラマンより絵描きの方が構図にこだわる

前に行った映像スクールで教わったこと。

誰でもパシャパシャ写真は撮るけれど、「今日は写生しよう」となったら、画板を手にウロウロとするんじゃないだろうかと思う。

自分が描きたいところはどこか、

じっくり考えてしまうんじゃないだろうか。

早寝早起き朝活が習慣づいてきたんだぜ

最近、朝に活動時間をもってくるため

11時就寝を心がけている。

そして遅くても6時には起きられるようになってきた。

以前は1時2時に寝て、9時に起きられればいい方だった。

だから、私は早起きは苦手だと思っていたのだが、今は二度寝も少ないし、目覚ましより前に起きることもある

最近は11時には寝て、遅くても6時には起きている。

以前は2時に寝られれば良い方、遅刻ギリギリ、できるだけ寝ていたい、自分には8時間睡眠が必要なのでは。。。と思っていた。

そんな私が朝起きられるようになった要因はランキングにすると

1位 なぜ早寝早起きしたいのか、どうしたら早寝早起きできるようになるか、自分の頭で考えた

2位 早寝早起きのための1日スケジュールに起こした

3位 朝、やりたいことをやるようにした

番外編 引っ越し、転職という環境の変化があった

である。

なぜ早寝早起きしたいのか、どうしたら早寝早起きできるのか。

ダイエットが一番成功しやすいのは花嫁で、それは締め切りと目標が具体的だからそう。

私の場合は、なぜ早起きしたいのか

・電車が遅延しやすい沿線沿いに引っ越したため

・電車の混雑を避けるため

・朝の方が明らかに作業効率が良いので、朝の作業時間を増やすため

どうしたら早起きできるか

・朝ごはんを好きなもの食べていいよ、で自分を釣る

・何よりも早く寝るしかない!!!!

→どうしたら早く寝られるか

→充実した1日を過ごす

(朝活も含め、満足いく1日のスケジュールを作る)

→飽きるまでSNSをやらせる

(寝る前にSNSをダラダラ見てしまっていたので、通勤中、お昼休み、お風呂で飽きるまで見ることに)

こんな感じ。

ポイントは、自分の頭で、自分という人となりナイズドさせることだと思う。

いろんな方法論があるけれど、人それぞれ性格、好みが違う。

それに、人から言われたことより、自分の頭で考えて納得したことの方が、実行率が高いと思う。

あと、ここで朝ウォーキングとか、課題を追加するのはやめた方がいい気がします。

ウォーキングがご褒美なんですよ〜、と言える人ならいいけど、

ダイエットのために一石二鳥!だと、釣られない気がする。

私ならごはん以外になんだろう。

コーヒーと甘いものとか?

ニチアサアニメをリアルタイムで見るとか?

ネットフリックスで気になってたドラマを消化するとか?

個人的には「朝からこんなことしちゃう?」みたいな背徳感のあるものが好物です笑

2位 早寝早起きのための1日スケジュールに起こした

そのままです。

でも、これも大事だと思います。

私はほぼ日のタイム欄に書いてます。書くとそのように動ける。

3位 朝、やりたいことをやるようにした

私はなんかしらの創作の時間にしています。ご褒美というより、「やらんと!」なこと。わざわざカフェでお金出しているので有意義なことしないと、と自分を奮い立たせています。

番外編 引っ越し、転職という環境の変化

これは、やろうと思っても、やれない人もいると思うのですが、これから新生活!な人は、自分の生活習慣を変えるチャンスかもです。