読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ、投稿に言い訳は書かない

書いた人も損するし、読んだ人も損するから。

「毎日書くって言ったのに、昨日書けなかった〜><」とか、

シェアする時に「最近サボり気味^_^;」「今日はちょっと手抜き記事w」とか。

それは、料理人が

「今日の料理、イマイチなんですよね、調子が悪くて」と言ってるようなものだと思う。

そう言われたら、

・この人はイマイチなものを客に出す人だ

・この料理はイマイチかもしれない

・この料理はおいしいと思ったけど料理人がイマイチだというのだから、本当はおいしくないのかも

って、私なら思う。

ブログなら

・この人の記事は確度が低い

・面白くなさそうだから読まないでおこう

・面白いと思ったけど勘違いかな

と思ってしまう。

それは書き手にも損だけど、読み手にとっても損だ。

面白い記事と出会える可能性が下がるし、面白い記事と出会えても、素直に「面白かった!」と思えない。

じゃあなんで書いてしまうのか?というと、理由はこんなもんかなと思う。

・いい記事を書けなかった、毎日書くと言ったのに書けなかったなどの罪悪感を打ち消すため

・自分の力はこんなもんじゃない、と言いたい

・日本人的な謙遜

ひとつずつ潰していく。

・いい記事を書けなかった、毎日書くと言ったのに書けなかったなどの罪悪感を打ち消すため

→そもそも自分のブログに罪悪感を感じる必要はない。

「毎日書く」と宣言したとしても、それは自分と自分の約束だから、他の人に言い訳する必要もない。

もし、「毎日更新」としてお金を取っている場合は、言い訳じゃなくて謝るべきだと思うけど。

・自分の力はこんなもんじゃない、と言いたい

→残念ながらこんなものなのである。言いたいなら、文章なり、行動で見せよう。

・日本人的な謙遜

→もし、心からそう思っていて、それが本人の味になっていたらいいと思う。だけど、知らない人も読む可能性もあるネット上では、損する方が大きそう。

私も、何度も「昨日書けなかった^_^;」とか、「今日はこれで許して!」とか、書きそうになったけれど、こらえた。

損をする、損をさせる、というのもあるけど、何よりも、自分の成果物に対しての言い訳は見苦しいから。

どうしても書きたいなら、一度書いて、でも、消そう。

自分しか読まない紙の日記に書こう。