自我の強い私と、自分がない姉

この間、姉と歩いていた時のこと。

「私、多分、自分のない人とは仲良くなれないんだわ」 と言うと、

 

姉「私、自分ないわー」

 

私「wwwww

 

姉「今まで流されてばっかやった。最近仕事はそれじゃあかんなーとか思い出したけど、プライベートとか流されまくりやわー」

 

と話してきた。

 

それでも私と姉が仲がいいのは、姉がズケズケとものを言ってくれるからです(姉妹ゆえで、姉はそんな人ではない)。

 

だから、自分がないというか、主張が薄い人でも、ズケズケ話してくれたら仲良くなれる。(あ、でもそうすると、主張が強い人になってしまうのか。。。)

 

姉は結婚はしていないのだが、一人暮らしに憧れがあり、だいぶ前から実家近くで一人暮らしをしている。

 

すると、実家にいる私はひとりっ子状態になる。

そこで、「ひとりっ子ってこういう感じなんだ。。。」と体感した。

 

姉は姉で、変化があるらしく、最近自分のことを話してくれるようになった。

年齢のせいもあるし、私と離れ、洗面所戦争が停戦したこともあるのだろう。

 

私と姉は絵に描いたように、漫画のように性格が違う。

そういう人の考えを、気持ちを、生き方を、まっさらに聞けることは、とても嬉しいことだ。

 

私と姉の違いを簡単に言うとこのCMである。びゅー♪ううううう、びゅーうねー♪

他の姉妹も似たようなもんなんだろうなぁ。