他人の本棚をみること

2月から住まわせてもらうシェアハウスには本棚がある。

住人ひとりにつき、一段が割り当てられていて、

その一段にその人の趣味がぎっしり詰まっている。

棚から溢れている子もいる。

 

この本を読ませてもらうのが、めっちゃ面白い。

 

1人の女の子が雑誌「TRANSIT」を持ってきていた。

存在も知らなかったのだけど、コラム欄が私の好きな人ばかりが連載していた。

ディレクターの辻川幸一郎さんのコラムとか。


CORNELIUS - MUSIC

 

行きたかったが、どこに行けばいいのかわからない「イギリス」の特集もしていて

「よし、イギリスのココとココに行こう」と思えた。

 

他人の本棚を見せてもらうことは、人と本にいっぺんに出会うことだ。

ダブルパンチを食らえる。

 

2月には私も本棚を埋める。

誰も興味もってくれなかったら寂しいな…

 

本を埋めたら画像をアップするので、

ぜひ私からのダブルパンチを受けて欲しい。