デッサンという基本

「デザイナーでもデッサンができる人と、そうでない人は全然違う」

という言葉を聞いた。

デッサンをすれば、

「なぜこの配置は落ち着くのか」

「この色を人の目はどう見ているのか」

「光をどう捉えているのか」

そういうことが、論理と、身体で、

わかるような気がしている。

カメラマンでも、デザイナーでも、

「デッサンとか受験用じゃん笑」

という人を見たことがない。

ということで、またデッサンを始めたんですが、

こうしよう、と配置したものが、

描いているうちにズレにズレ、

うおおおお、となっている笑

デッサンしてる私、に酔わないように、集中してちゃんとやりたい。やる。