LINEのアイコンを変えたら引かれた話

この間LINEのアイコンを変えたら、

大学の友人に引かれたコメントをもらった。

自撮りだし、笑ってるし、かわいいのを選んでいるから、そういうコメントはわかる。

でも、自撮りをしない女の子なんて日本にいない。

鏡を見て、自撮りを見て「私ちょっとイケてる♡」と思ったことがない人なんてきっと、99.999%、いない。

なのになぜか、まともな人=顔のよくわからない写真ということになっている気がする。

確かに、私の顔が嫌いな人もいるかもしれないが、スマートフォンで0.5×0.5で表示されるくらいには耐えるだろう。

耐えられないなら、LINEの友だちから外してほしい。

長くなったのですが、そういう皮肉を言われたのだ、とmiiちゃんに言うと

「そんな世の中を斜に見ている人の言うことなんて聞くな。私の言うことを聞け。」

と言われてとてもスッキリした。

私と彼は友だちだし、彼は頭がいいし、まともだし、世間一般の意見なのだろうし、とどこかで思っていて、私は彼に簡単に傷つけられてしまったのだ。

素晴らしい人間は存在しない。

強いていうなら私にとって私が一番素晴らしい。

なのに、どうしてか、miiちゃんよりも大事でないような、友人だかなんだかを、「世間代表」として、その意見を大事に取り入れてしまう。

「世間」は、各人、個々の中にしかなく、創造主は自分だ。

自分のやりたいことや、なりたい自分や、大事にしたい人って、大切で素敵なことだと、私は思う。

そこに向かう人たちで、私は世間を、自分の世界を作りたいと思う。

いい気持ち、思いやり、楽しいことにフォーカスしたい。