ジョジョの奇妙な冒険 感想

よかった!

いろいろとよかった点はあるのですが、すべてが丁寧に作られていて、それが功を奏した気がします。

あと、他の漫画実写化作品にも言えるけれど、今までの「クソみたいな実写映画」の屍の上に、こういう良い実写映画が出来るのだなぁと思った。

ジョジョの4部は、ジョジョの中では日本が舞台であり、話の中身もわりと人間らしい(当社比)。

虹村兄弟とか、仗助のおじいちゃんとかの人間ドラマを、お涙頂戴にし過ぎず、残念な実写映画にありがちなセリフ改変もなく、よかった。

おじいちゃん役の國村さんもよかった。

(形兆の最期の言葉が、すごくよかった。兄弟家族の面倒くさい愛情を感じてグッときた)

あと、山崎賢人くんの高校生らしさがよかった。

もう少しキレる時の差があってもよかった気がするけど。

あと、演出がきちんとしていた!!!!!

山田孝之演じるアンジェロの能力の時に、電車がバーッと走るのだけど、そこ、実写の映画って今までサボってたような気がする。

アクション映画としての演出と、漫画特有のCGの演出がきちんとマッチしていた。

あと、漫画実写化の映画の悩みである、「漫画読んだことある人向けにするか、しないか」問題もうまいことクリアしていた気がする。

読んだことある人には説明しすぎない感じで、読んでない人にもわかるようになっていたと思う。

あと、美術がよかった!!!!

街はスペインロケだったらしいけど、日本でも海外でもない感じがよかった。種田陽平みたいな新しいアジア感だったらもっと素敵だったけど、、、

地中海っぽい風景の中に、グラフティや日本語があったりとよかった。

虹村兄弟の家も、東方家の美術もよかった。

帝一の國で帝一は綺麗な七三分けなのに、他の生徒が今風の髪型で萎えたという友人がいたけど、ジョジョのエキストラは派手すぎない奇妙な髪型でよかった笑

でも仗助の取り巻きはもっとヘアメイク濃くして欲しかったかな。。。

ぶどうヶ丘高校の女子の制服も可愛かった。リボンに立体感があって。

小松菜奈ちゃんはほんっとーに可愛かったけど、神木くんの演技がよかったからか、演技ちょっと気になった。まあ由花子さんとか難しいけど。

ジョジョの名セリフもさりげなく聞けて、とても美味しかった。

承太郎の「やかましいッ」はちょっと不自然だったかな。。。

ツイッター伊勢谷友介は原作読んでないんじゃね?と言われてたけど、きっとアテレコ、声優っぽい演技が苦手なだけでは、と思いました。わからんが。

エンディングに変なタイアップ曲がなかったのもよかったし、サントラ買おうか迷うほど全編通しての音楽もよかった。

CGもどこも違和感なく(最後の形兆の口元だけちょっと笑いそうになったけど、アレはCGのせいではない)バッド・カンパニーとかリアルで怖いし可愛いし。

(小さな兵隊さんたくさん従えてる岡田将生可愛すぎ)

ちょっとどこの流れを見てそう思ったのかわからんけど(警察のおじいちゃんと、それを継ぐ仗助の姿かな)やっぱりやりたいこと、やるべきことをやっていかなきゃダメだなぁとか思ったので、本当いい映画だと思う。

子ども生まれたら「仗助」って付けよう、とか考えてしまったし。

なんの気もなく観に行き、わー面白いなーって見てるうちにちょっとウルっと来て、飽きることもダレることもなくエンドロールにいって、次いつかな?ってなったので、ほんと、近年稀に見るいい映画。

エンドロールもやりすぎない演出がよかった。

はー第2章とても楽しみなので、スタッフさんがんばって。。。!

私みたいに「ジョジョ実写化?神木くん使えばいいってもんじゃねーからな?原作レイプも大概にしてくれる?」とナメてる人ほど観に行って欲しいなあ。

ナメてる人「えっこれ面白いんじゃね、、、?」ってなって、第2章、第3章と動員数が増えて、第1章観に行った人勝ち組みたいな流れになって欲しいな。

ちなみに、吉良吉影本木雅弘、次点長谷川博己岸辺露伴オダギリジョー、次点ディーンフジオカを予想してますが、どないやろ。

殺人犯だし、吉良吉影は藤原達也かな、、、

だったらネットで話題になりそう。。。

第2章楽しみだなー。