帰省がめんどくさい人は、親の残り時間を考えてみるといい

私は帰省をめんどくさがる人だ。

親のことは好きだし、関係も悪くないけど、どうしても疎ましく感じてしまう、それが親。

でも、自分の40代、50代を想像すると、その時に会える親は、なんと70代、80代で。

いろんな70代、80代がいるだろうけど、どーしたって、70代っておじいちゃんおばあちゃんだ。

自分の残り時間を気にして、連休にやりたいことをするのも大事だ。

でも、たまに親の残り時間についても考えておくと、帰省で会っている間、めちゃくちゃ穏やかになれる。

大事に過ごせる。

私みたいに、親に甘えてしまって、不機嫌になったり、偉そうになったりする人は、自分の将来設計に「そのころ両親は」を加えてみるといいと思う。

親のために動くことはないとは思うけど、一緒にいられる時間くらい、楽しく過ごした方が、お互いにとっていいはずだ。