コスプレで自己顕示欲を解消!コスプレデトックスのススメ

1日、なりたかったあのキャラクターの格好をして振る舞うことで、

日常では、「私はここで目立たなくてもいいや」と、

社会に必要な「駒」として文句なく動くことができると私は思う。

 

「みんなが主役」という言葉がある。

安野モヨコシュガシュガルーン」では、クラスで演劇をやることになる。

 

初めは上手くいかなかったが、ファッションに興味のある子が衣装を、

映画好きの男子が照明を生き生きとやる様を見て、主人公は「みんなが主役なんだ!」と言う。

 

私はこれを見て「ホントか~~~~~???」と首をかしげてしまった。

少女向けなので正しいのですけど、実際はそうはいかないでしょと。

 

「なんであの子なの?」「自分が指名されないかな」なんて、みんな一度は思うだろうし、

仕方なく引き受けた仕事が天職だ!という子は少ないだろう。

 

本当に「主役」が1mmも興味がなく、自分なりの「主役」を持っている人はいい。

 

主役をやりたいけどやらせてもらえない自分は何ができるのか、

どんな世界なら自分は役がもらえるのか、考えて見つけられた人もいい。

 

でも、「主役をやりたかった」という気持ちは残る。

 

その気持ちは

「自分が話の中心にいないと気が済まない」

「ちやほやしてくれないと機嫌が悪くなる」

「モテるあの子が妬ましい」

みたいな、ちょっと敬遠されがちな性格を生む気がする。

 

そこで、コスプレデトックス!笑

 

1日、遊びで主役張りましょう。

お姫さまでもOK

魔女でもOK

戦士でもOK

女優でもOK

 

年齢もまったく関係ない。

コスプレじゃなくて「着たかったけど似合わない服」でもいい。

 

好きな格好をして、写真を撮ってもらう。

 

そうすると「自分はやればここまで可愛くなる」と自信がつく。

 

それは勘違いかもしれないけど、

「私はまあまあかわいい」「わりと似合ってた」

という自信は、人生にいい影響を及ぼすと、私は思います。