エルエル

自分のやりたいこと、気になること、覚えておきたいことを、人にも楽しんでもらえるように書いています。

漫画「ソラニン」感想

・今更読みました
2巻完結なので読みやすい

・ほんとに?が印象的すぎる
なんでこんなに印象的なんだろうと思ったのだけど
この物語は「葛藤」を描いている
私の中にも常に「葛藤」がある

CDを作った、アクションを起こした
やることやった、これからは働きながらバンドやろう、
と折り合いをつけた
そんな時に現れる「ほんとに?」

緩みの中に黒く光る。
緩みも、刺すそのナイフも自然だから不意に刺さってしまうんだと思う

・厄介なのは、本音が本人にもわからないことだと思う
作中でも「全肯定できるほど強くもない」とあるけど
世の中グレーなことだらけだ

・少し前の作品だからか、私より若い人の話だからか
「ある国のある時代の若者の肖像」と客観的に見れる

・種田みたいに死ぬ若者は意外といるんだろうな、と
昔の文士のような、文学的な自殺のように見えた

浅野いにおと言えば
「心に刺す系」「サブカル」だと思ってたのですが
中途半端に夢や志をもってしまった人の葛藤が
丁寧に、愛をもって描かれてると思った

・死が美化されすぎてなくてよかった
(映画の予告編だとそんな感じがしていた
「君と生きていく」的な)

・死んだら終わりなので
万人に自殺だけは避けて欲しいと思っているのだけど
種田の場合は死ぬしかなかったんだなとも思ってしまう

・安易に「この国の閉塞感」「夢も見れない時代」と言いたくなるけど
それは種田に失礼な気もするし、
私は自分に合わない風潮は無視して生きるぞ!

話が変わるけど、昔なにかで
「不景気なので正社員になりますよ」
「そうやって社会に合わせて自分の生き方を決めるのは愚かだ」
みたいなのを読んだのが引っかかってたんだけど
今なら、社会の流れ>やりたいこと って確かにおかしいなと思う
社会っていうほど私の生き死にに興味ないしね
じゃあ私も無視します でいいと思う

社会=家族の目だったりするから難しいといえば難しいけど
まず自分の思ってる「社会」がなにか認識するのは大事だと思う

あと全く関係ないけど、私もぐらぐらずっと揺れていて
ブレなくなったのは最近なのだが
それがしいたけ占いに思いっきり書いてたからしいたけ占いすごい

・映画も観たい