エルエル

自分のやりたいこと、気になること、覚えておきたいことを、人にも楽しんでもらえるように書いています。

愚痴はブログに書くといいよ

・読みたい人しか読まない
・「誰かに役立つように」の視点を入れることで客観視できる
・「書く」というセラピーになる

・共感してくれる人がいるかも
・解決策が見出せるかも
・誰かの悩みを予防できるかも

愚痴を言うくらいなら、根本自体を変えるとか建設的に考えた方がいい!とは思ってるのだけど、

人間だから愚痴くらい、毒ぐらい言った方がちょうどいいと思う。

でも、お昼の時間にとある人の愚痴の聞き役になっている友人が辛そうで(毎日、その人の愚痴を聞いてあげているらしい)

少しなら、3分くらいならいいと思う。でも、それではきっと気も晴れない。

よろしい、ならばブログだよ!諸君!

ちなみに、その方は買った家のご近所トラブルに悩んでるらしい。

そういえば、私は「家、ゼッタイ買わない」派なのですが、「吹き抜けは寒い」とか「憧れの一軒家を買った感想」みたいなブログの最後に「最大のアドバイスは家なんて買わないことです」というのの影響かもな、、、と先日思い出しました。

ブログ偉大。