エルエル

自分のやりたいこと、気になること、覚えておきたいことを、人にも楽しんでもらえるように書いています。

運命は勇者にささやいた、嵐には逆らえないと。勇者はささやき返した、わたしが嵐だと。

フィギュアスケートの羽生選手の快挙に対する
中国の解説者の方の言葉が美しすぎて
朝からブツブツ唱えてしまうのでまとめておきます。

中国国営の中国中央テレビ(CCTV)の女性解説者、陳◆(=さんずいに瑩)氏に至っては、羽生の快挙に自作の漢詩を贈った。 「容顔如玉、身姿如松、翩若●(=りっしんべんに京)鴻、宛若遊竜」

 その顔は玉石のごとく、その姿は松のごとく、飛ぶ姿はオオハクチョウのようで、まるで竜が遊んでいるよう-といった意味か。

 陳◆(=さんずいに瑩)氏はさらに、「運命は勇者にささやいた、嵐には逆らえないと。勇者はささやき返した、わたしが嵐だと」「羽生結弦はムチを使わずとも自ら走る選手だ」などと“文学的”な表現に終始。


引用元は以下です。

www.sankei.com

 

原文がもともとある漢詩なのかと思いきや自作・・・

それを引き出す羽生選手の演技もさすがです

怪我からの復帰、内と外からのプレッシャー、運命を
踊りながら切り開くその姿は勇者であり嵐

世界を巻き込む台風の目

完璧な詩だな・・・

運命は勇者にささやいた、嵐には逆らえないと。
勇者はささやき返した、わたしが嵐だと。

運命VS勇者の構図から、羽生くんがメインに視点が映る様は
さながらフィギュアの演技のスタートを思わせますね

これを受けて中国のファンも漢詩を自作しているそうなので
日本の大喜利文化みたいなものなのかな~

Twitterではすぐ
「日本の解説者も和歌引用しろ」「伝統を」とか
日本ディスるけど
その言葉と姿勢が美しありませんことよ

フィギュア界隈が尊すぎる
これからも人に希望を与える文化として頑張って欲しい