エルエル

自分のやりたいこと、気になること、覚えておきたいことを、人にも楽しんでもらえるように書いています。

雷に打たれた人

前の職場で知り合った、
ヘッドハンティングがかかるような、
とても仕事ができるディレクターの人に

「社長をやるなんて人は、雷に打たれたことがある人」
「人生の残り時間を考えたことがある人」

というのが印象に残っていた

この方のツイートが刺さったのだけど

 

 

この方はがんだったらしく

やはり人間、大病にかかると否が応でも残り時間を考えさせられ
=雷に打たれたかのように
本当にやりたかったことをやるのだろう
と思う

自慢なんですけど、
友人の多田ゆかちゃんに
「ツバサちゃんは、進んでいけるよ!
だって自分の人生を生きているから!」
と言ってもらったことがある

多田ゆかちゃんは、14年間病気で寝たきりだった人だ
「治ったら、あれもこれもやろうね!」と言い合った親友を亡くした人だ
死を痛烈に感じた人で、残り時間についても真剣に考えた人だと思う

今、やりたいことをガンガンやっていて
そのスピードがすごいんだけど
それは、自分の時間の大切さをわかっているからだろう

私は大病はしていないけど、
ゆかちゃんに言ってもらえたように、
自分の人生を生きていると思う

大病していないのに、気づける自分スゴーイ!
(自分を自分で褒めるスタイルで生きています)

とはいえ、まーだまだのんびりしている

最近大事にしているのは「もう本番!」という言葉

やりたいことをやる、
私の場合は作品を作ることで一番怖いのは
「確定」させること

作品を作って出すと、自分の価値が確定される
「あなたのいけるところはここまでです」
と言われているようで

でもそれを怖がらずに、
もう本番だから、甘えんなと
全力出せよと
怖いけれど、がんばります