エルエル

自分のやりたいこと、気になること、覚えておきたいことを、人にも楽しんでもらえるように書いています。

やっぱり「妥協は死」

感動する音楽とそうじゃない音楽がある

感動する音楽の場合、無限、ではないけど
それに近いエネルギーが湧いてくる
イデアもそう

私がMVを作りたいのは、好きな音楽を聴いている時に
ダンスの振りや、映像が浮かんで
それを形にしたくなるから

私が感動するもの=みんなが感動するもの

ではないのは百も承知だけど

私すら感動させられないもの
誰が感動するんだろう

ブログで「買ってよかった」という記事を書いていて
それは、私が実際にお金を出して買って
「買ってよかった」という感想を書いている

それをみんなに「買え!」とは全然思わない
ただ、私の「買ってよかった~」っていうプラスの感情が
他人のプラスの感情を作ったら、これほど嬉しいことは無い

そのスタンスで、すべてを行ないたい

私を感動させるような音楽を作っている人が
お前みたいな経験の無いディレクターにMV任せるわけないだろって
思っていたんだけど

私の実力って、ものを作る上ではあまり関係が無い

知識がないなら調べればいいし
技術が無いなら頼めばいい
お金がないなら稼げばいい
貯金くらいは出来る

自分の私財を投入できるくらいの
思い入れのある音楽を
誰かにオススメすることは
誰かにとっても絶対に有益で

MVを通して、その誰かを増やせないか?
そう考えるのが私は好きだ

私はMVを観た人に感謝されたい
感謝されるには私の力だけではダメなんだ
(そんな力がまだまだ無いのもわかっている)

私は映像のプロフェッショナルじゃなくて
アーティストになりたいんだな って思う

心を込めて、作品に当たりたい
そこに嘘を混ぜたくない

青く見えるかもしれないし
「めんどくさいことしたくないだけじゃないかよ」
って思われるかもしれない

「そんなんで食っていけるのは才能ある人だけだよ」
というなら私は食っていかなくていい!

肩書きとか、職業に必要な実力とか、そういうのよりも
「これいいですよ」「買って損はしませんよ」って
気持ちよく言える方の生き方がしたいと
ようやく心から言える気持ちになりました

「これめっちゃいいんですよ!1回聴いてくださいよ!」
っていうような音楽に
「これ熱くないですか?」
って映像を付けて
あなたに「めっちゃいいですね!!」
って言われるのを目指していきます