エルエル

自分のやりたいこと、気になること、覚えておきたいことを、人にも楽しんでもらえるように書いています。

苦手なことが出来るようになる2つの方法

・習慣にして「慣れる」

・やり方、種類を変えてみる

信号が変わりそうな時に、走るのが大好きで、

最近は周りから「運動大好きマン」と言われてしまうし、

なんでなんだろー?と考えたらパルクール週1でやってたからだ。

週1の運動習慣で、運動に慣れるし、体力もつくしで、

どんどん運動がラクに、というか癖になってたんだと思う。

パルクールの中で走るときは、アップのために走る。

公園の中を、あまり決まりなく走る。

距離は長すぎない。

私は今は「走るのが好き!」と言えるけど、

ジョガーのように距離を決めたり、マラソンに参加したり、は全然気持ちが盛り上がらない。

私が好きな走り方は

・3分〜10分くらいの距離

・全力で走る

・「辛そう、、、」と思わない走り方

でも、ジョギングならジョギングで、このポイントを入れれば好みの走り方ができるな、とまで思えるようになった。

・嫌なことでも慣れたら嫌なことでなくなる

・嫌いなことでも、やり方によって好きだったり、得意なことになったりする

・だから、「○○は苦手」と決めつけて避け続けるのはもったいない。

美味しんぼの漫画で、

ナス嫌いの少年が、ちゃんとした料理人のナス料理を食べて

「ぼくはナスが嫌いなんじゃない、今まで不味いナス料理ばっかり食べてたからだ、、、!」というシーンがあったのですが、そんな感じ。

嫌いな食べ物も、調理方法や食べるタイミングで好きになれたりする。

そもそも、その嫌いな食べ物の全種類も網羅していないことが多い。

無理に嫌いなものを好きになる必要はないかもしれないけど、好きなものが多い方が人生楽しいし、やりたいことのために嫌なことをやる時とか、この方法を試したい。